関節痛とコンドロイチン

保水力の強いコンドロイチンは関節組織を保持し、関節の円滑な動きを助ける作用があります。骨の連結部分は軟骨により守られていて、その軟骨は接触する部分にヒアルロン酸で満たされた関節液で覆われているのです。

軟骨があたる部分が滑らかだと、骨同士の摩擦をぐっと抑えることができます。それでいくら激しい動きをしても、関節は守られるのです。しかし歳をとることでコンドロイチンが減少していくと、この力が落ちていき、軟骨が持つ弾力性も低下して正常に機能しなくなります。関節が痛くなる原因のひとつに、コンドロイチンが不足しているために軟骨が磨り減って、骨同士がぶつかってしまうことがあります。骨がむき出しのようになると、骨の表面の骨膜が刺激を受けて、関節痛を起こしてしまうのです。

体の中で関節といえるところは腰や腕などいろいろあり、体を動かすうえで重要な働きをしているのです。体の中でコンドロイチンが充分に合成できなくなると、関節の痛みを起こすようになります。コンドロイチンは不足してしまっても補うことができるので、それにより再び機能を正常に戻すことも可能です。コンドロイチンは、痛みの原因である物質に吸着することで、痛みを抑えます。コンドロイチンが炎症を緩和する力は、関節液を補充して関節の細胞を活性化することでもあります。
posted by konchan at 11:44 | コンドロイチン
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。