コンドロイチンと体の水分

コンドロイチンの働きには、水分を保持することもあります。それは強力な保水力を持っていて、数リットルもの水分を10グラムのコンドロイチンで蓄えることができるといいます。生まれたばかりの人間は、体内に水分を豊富に蓄えているのです。

赤ちゃんの肌がすべすべで弾力があるのも、若い頃の肌にシミやシワが少ないことも、コンドロイチンやヒアルロン酸によって体の水分が維持されているためです。逆に歳を取ると体から水分が失われ、肌がカサカサになりシワができたり、内臓自体の水分が少なくなり免疫力が落ちる原因にもなります。

体内水分量は、若い男性で60%あり、女性ならば50%あるといわれています。ところが体の水分は成長と共に少しずつ失われ、お肌の曲がり角と呼ばれる25歳頃から老化現象が目立ってきます。歳をとって60歳も超えるようになると、水分量は男性が50%、女性が45%にまで減っていきます。このことは、体の中のコンドロイチンが同じく年齢とともに減っていくことと関係しているのです。

20歳くらいから減少するコンドロイチンは、50歳くらいでは必要な量の5%にまで落ちてしまいます。体内の水分とは大切なもので、それは減少すると肌にハリがなくなるばかりか、臓器の動きや血液の流れにまで影響してしまいます。健康な体を維持していくためにも、体の水分を保つようにしていかなければなりません。
posted by konchan at 11:41 | コンドロイチン
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。