コンドロイチンの特徴

コンドロイチンには正式な名称があり、それはコンドロイチン硫酸ナトリウムといいます。ギリシャ語のコンドロスという言葉が由来で、軟骨を意味しています。コンドロイチンはその名前からもわかるように、ヒアルロン酸やたんぱく質とともに関節の軟骨の部分に存在し、それらが軟骨のクッションとなっているのです。

コンドロイチンがあるところは、脳や皮膚の結合された組織など、軟骨以外にも様々な組織の中にあるのです。コンドロイチンは腰痛や関節痛、五十肩の治療、角膜の保護など、医薬品として広く活用されています。コンドロイチンの皮膚の保湿効果や関節を健康にする作用は、健康食品としても広く使われています。コンドロイチンが存在しているものは自然の中にもあり、納豆、山芋、そしてなめこ、オクラといった粘り気のある食品に多く存在しています。

植物性の食品よりは動物性の食品の方が吸収効率がいいのですが、動物性の食品ではサメや鶏の軟骨、フカヒレ、ドジョウ、ウナギなどにしかコンドロイチンは含まれておりません。またコンドロイチンを体内に摂りこむためには、そんな食品をたっぷり食べなければなりません。そうなると食品よりはサプリメントや薬を利用するほうが効率的です。サプリメントに使うコンドロイチンは、従来牛や鯨から取っていましたが、捕鯨ができなくなったりBSEという問題も起こりました。そのため、現在のコンドロイチンは主にサメから取られたものになっています。
posted by konchan at 11:39 | コンドロイチン
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。