関節にはグルコサミンのサプリメント

このごろテレビのCMなどで、グルコサミンという名前を聞くことがあります。薬店の健康補助食品などにもよくグルコサミン配合、などど書かれているものを見ることもあります。グルコサミンは糖とアミノ酸が結合してできがアミノ糖の一種で、軟骨を形成している成分のひとつです。

グルコサミンは人間の体の中にはもともと存在しているものなのですが、加齢により減少してしまいます。そのためグルコサミンは、どうしても不足してしまうのです。それをどこかで食い止めるには、グルコサミンを外から摂るようにするしかないのです。食品にそのようなものがあればいいのですが、どれも微量でしかないため、摂るのならサプリメントからになります。

グルコサミンを摂るならば、単独で摂るよりコンドロイチンも一緒に摂ったほうが効果はさらに高くなるといわれています。そうすることで関節は、クッションを与えられたようになるのです。コンドロイチンを健康食品かサプリメントで摂ろうとするならば、1日1500mg摂れるものにし、コンドロイチンも配合されたものがいいでしょう。お年寄りには関節の痛みを訴える人が多く、階段の上り下りは辛いといいます。歳をとって関節の痛みなどで悩まされないように、早いうちからグルコサミンやコンドロイチンのサプリメントなどを服用するといいかもしれません。
posted by konchan at 11:36 | グルコサミン
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。