関節炎とグルコサミン

グルコサミンは、体内では年齢とともに減少していき、そのせいで関節炎などが起こるのですが、グルコサミンは摂り込んでも副作用がない成分なのです。それでは関節炎という病気はどういうものかというと、それは関節に関わる病気一般を指すものと思っていいでしょう。

またその種類は100種以上にもおよび、関節に与える損傷の種類によって炎症性と悪化症にわけられます。リューマチや通風なども入る炎症性関節炎は、関節の周りにある結合された組織の炎症なども含まれています。変形性関節症のような、なにかの直接的な要因があって起こる外傷性関節炎は、悪化性関節炎の中に入ります。

体重のある人、姿勢が悪い人は関節炎にかかる確率が高くなり、また遺伝や長時間激しい手作業をする人などもかかりやすくなります。こんな要因を持っているような人は、グルコサミンコンドロイチンを摂って予防しておくと安心できるでしょう。関節炎になりやすいところは、指や背骨の下部、膝、股関節などで、治療としては鎮痛剤による痛みの緩和以外ほとんどないといわれていますが、この鎮痛剤が逆に症状を悪化させる場合もあるという専門かもいます。そんな不安を払拭できるのがグルコサミンで、副作用がほとんど認められないグルコサミンは、ここで力を発揮できるのです。

関節の軟骨を形成するものと同じ成分なので、軟骨に異物を与えることにもならず、ましてや関節炎を悪化させることなどないのです。グルコサミンがあれば軟骨は生成過程で自然な形で刺激され、またコンドロイチンは古い軟骨が壊れるのを防いでくれます。関節炎に、グルコサミンとコンドロイチンがいかに効果的な働きをするかがおわかりいただけたでしょう。
posted by konchan at 11:33 | グルコサミン
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。