グルコサミンの効果について

グルコサミンのもたらす効用とは、どんなものなのでしょうか。私たちは歳をとると関節が変形しやすくなります。関節に痛みを訴える人は、50代以上の人に圧倒的に多く、それが60代になると、8割を越す人がひざや腰などの関節に関する疾患を抱えるようになるといいます。

特によく聞くひざの痛みでは、階段を上ったり降りたりするときに辛いといいますが、これは変形性膝関節症と呼ばれる症状です。これが症状が進行すると、膝に水がたまってしまうこともあり、日常生活にも影響を及ぼすようになります。こんなときグルコサミンを摂ると、そんな関節の痛みを緩和することができます。

長い年月を経て使われ続けてきた関節は、歳をとるにつれその摩擦が激しくなり、間の軟骨をすり減らしてしまうようなことになって、変形関節症が起きてしまいます。グルコサミンは新しい軟骨の形成を促し、変形関節症の進行食い止めてくれ、それどころか改善にむかう場合もあるのです。グルコサミンは軟骨の主成分であるため、それが加えられることで軟骨が元に戻り、痛みのあった関節を修復してくれるというわけです。

グルコサミンは、飲みだして半月もたてば、たいていその効果を感じ始めるようです。といっても変形関節症は、その痛みを緩和していけたとしても、完全に治ってしまったわけではないのです。軟骨の再生には時間がかかるものなので、長期間グルコサミンを摂取することをおすすめします。
posted by konchan at 11:30 | グルコサミン
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。