コンドロイチンとは

コンドロイチンとは、ムコ多糖類と呼ばれる粘着性の物質の一種で、もともと私たちの骨や軟骨、角膜などにも存在しているんだそうです。

コンドロイチンは、血管から運ばれてくる栄養分や水分を貯え、それを細胞に供給して体内の老廃物を運び出し、新陳代謝を活発したり、細胞の1つ1つを互いに結び付け、からだの潤滑油となり、細胞の老化を防ぐ役割をしているんですね。

また、コンドロイチンはガンの作り出す新生血管の増殖を押さえ、ガン細胞の破壊に効果を発揮するともいわれています。
そのほか、鎮痛作用や肌荒れ、皮膚炎、心臓病、心筋梗塞、腎炎や肝機能改善といった効果もあるといわれています。

ただ、このコンドロイチンは、体内で生産されるものなんですが、年齢を重ねるにつれて、だんだんと生産されなくなってしまいます。

コンドロイチンが不足してくると、肌のみずみずしさや弾力性、関節と関節の間にある 「関節液」 などが不足し、関節の痛み、腰痛、骨粗鬆症などの原因になります。

そこで、不足したコンドロイチンを補うためのサプリメントが注目されているんですね。

コンドロイチンのサプリメントはサメの軟骨から作られたものが多いようです。

【ムコ多糖類とは】
ムコ多糖類とは、細胞と細胞をつないでいるゲル状の物質のことで、関節や眼球、動脈に多く含まれています。
保水性に優れ、関節の潤滑油の働きをし、血管(動脈)をしなやかに保ち、日々の健康維持に欠かせない成分です。
グルコサミン、ヒアルロン酸、コンドロイチン硫酸、ペクチンなどがこれにあたります。
魚の頭やヒレ、アンコウ、軟骨や豚足、貝類や海草類、長いものようなネバネバした食品や納豆の多く含まれており、サプリメントとして市販されているものは主に鮫の軟骨から抽出されたものがほとんどです。

posted by konchan at 02:32 | コンドロイチン
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。