関節痛とコンドロイチン

保水力の強いコンドロイチンは関節組織を保持し、関節の円滑な動きを助ける作用があります。骨の連結部分は軟骨により守られていて、その軟骨は接触する部分にヒアルロン酸で満たされた関節液で覆われているのです。

軟骨があたる部分が滑らかだと、骨同士の摩擦をぐっと抑えることができます。それでいくら激しい動きをしても、関節は守られるのです。しかし歳をとることでコンドロイチンが減少していくと、この力が落ちていき、軟骨が持つ弾力性も低下して正常に機能しなくなります。関節が痛くなる原因のひとつに、コンドロイチンが不足しているために軟骨が磨り減って、骨同士がぶつかってしまうことがあります。骨がむき出しのようになると、骨の表面の骨膜が刺激を受けて、関節痛を起こしてしまうのです。

体の中で関節といえるところは腰や腕などいろいろあり、体を動かすうえで重要な働きをしているのです。体の中でコンドロイチンが充分に合成できなくなると、関節の痛みを起こすようになります。コンドロイチンは不足してしまっても補うことができるので、それにより再び機能を正常に戻すことも可能です。コンドロイチンは、痛みの原因である物質に吸着することで、痛みを抑えます。コンドロイチンが炎症を緩和する力は、関節液を補充して関節の細胞を活性化することでもあります。
posted by konchan at 11:44 | コンドロイチン

コンドロイチンと体の水分

コンドロイチンの働きには、水分を保持することもあります。それは強力な保水力を持っていて、数リットルもの水分を10グラムのコンドロイチンで蓄えることができるといいます。生まれたばかりの人間は、体内に水分を豊富に蓄えているのです。

赤ちゃんの肌がすべすべで弾力があるのも、若い頃の肌にシミやシワが少ないことも、コンドロイチンやヒアルロン酸によって体の水分が維持されているためです。逆に歳を取ると体から水分が失われ、肌がカサカサになりシワができたり、内臓自体の水分が少なくなり免疫力が落ちる原因にもなります。

体内水分量は、若い男性で60%あり、女性ならば50%あるといわれています。ところが体の水分は成長と共に少しずつ失われ、お肌の曲がり角と呼ばれる25歳頃から老化現象が目立ってきます。歳をとって60歳も超えるようになると、水分量は男性が50%、女性が45%にまで減っていきます。このことは、体の中のコンドロイチンが同じく年齢とともに減っていくことと関係しているのです。

20歳くらいから減少するコンドロイチンは、50歳くらいでは必要な量の5%にまで落ちてしまいます。体内の水分とは大切なもので、それは減少すると肌にハリがなくなるばかりか、臓器の動きや血液の流れにまで影響してしまいます。健康な体を維持していくためにも、体の水分を保つようにしていかなければなりません。
posted by konchan at 11:41 | コンドロイチン

コンドロイチンの特徴

コンドロイチンには正式な名称があり、それはコンドロイチン硫酸ナトリウムといいます。ギリシャ語のコンドロスという言葉が由来で、軟骨を意味しています。コンドロイチンはその名前からもわかるように、ヒアルロン酸やたんぱく質とともに関節の軟骨の部分に存在し、それらが軟骨のクッションとなっているのです。

コンドロイチンがあるところは、脳や皮膚の結合された組織など、軟骨以外にも様々な組織の中にあるのです。コンドロイチンは腰痛や関節痛、五十肩の治療、角膜の保護など、医薬品として広く活用されています。コンドロイチンの皮膚の保湿効果や関節を健康にする作用は、健康食品としても広く使われています。コンドロイチンが存在しているものは自然の中にもあり、納豆、山芋、そしてなめこ、オクラといった粘り気のある食品に多く存在しています。

植物性の食品よりは動物性の食品の方が吸収効率がいいのですが、動物性の食品ではサメや鶏の軟骨、フカヒレ、ドジョウ、ウナギなどにしかコンドロイチンは含まれておりません。またコンドロイチンを体内に摂りこむためには、そんな食品をたっぷり食べなければなりません。そうなると食品よりはサプリメントや薬を利用するほうが効率的です。サプリメントに使うコンドロイチンは、従来牛や鯨から取っていましたが、捕鯨ができなくなったりBSEという問題も起こりました。そのため、現在のコンドロイチンは主にサメから取られたものになっています。
posted by konchan at 11:39 | コンドロイチン

関節にはグルコサミンのサプリメント

このごろテレビのCMなどで、グルコサミンという名前を聞くことがあります。薬店の健康補助食品などにもよくグルコサミン配合、などど書かれているものを見ることもあります。グルコサミンは糖とアミノ酸が結合してできがアミノ糖の一種で、軟骨を形成している成分のひとつです。

グルコサミンは人間の体の中にはもともと存在しているものなのですが、加齢により減少してしまいます。そのためグルコサミンは、どうしても不足してしまうのです。それをどこかで食い止めるには、グルコサミンを外から摂るようにするしかないのです。食品にそのようなものがあればいいのですが、どれも微量でしかないため、摂るのならサプリメントからになります。

グルコサミンを摂るならば、単独で摂るよりコンドロイチンも一緒に摂ったほうが効果はさらに高くなるといわれています。そうすることで関節は、クッションを与えられたようになるのです。コンドロイチンを健康食品かサプリメントで摂ろうとするならば、1日1500mg摂れるものにし、コンドロイチンも配合されたものがいいでしょう。お年寄りには関節の痛みを訴える人が多く、階段の上り下りは辛いといいます。歳をとって関節の痛みなどで悩まされないように、早いうちからグルコサミンやコンドロイチンのサプリメントなどを服用するといいかもしれません。
posted by konchan at 11:36 | グルコサミン

関節炎とグルコサミン

グルコサミンは、体内では年齢とともに減少していき、そのせいで関節炎などが起こるのですが、グルコサミンは摂り込んでも副作用がない成分なのです。それでは関節炎という病気はどういうものかというと、それは関節に関わる病気一般を指すものと思っていいでしょう。

またその種類は100種以上にもおよび、関節に与える損傷の種類によって炎症性と悪化症にわけられます。リューマチや通風なども入る炎症性関節炎は、関節の周りにある結合された組織の炎症なども含まれています。変形性関節症のような、なにかの直接的な要因があって起こる外傷性関節炎は、悪化性関節炎の中に入ります。

体重のある人、姿勢が悪い人は関節炎にかかる確率が高くなり、また遺伝や長時間激しい手作業をする人などもかかりやすくなります。こんな要因を持っているような人は、グルコサミンコンドロイチンを摂って予防しておくと安心できるでしょう。関節炎になりやすいところは、指や背骨の下部、膝、股関節などで、治療としては鎮痛剤による痛みの緩和以外ほとんどないといわれていますが、この鎮痛剤が逆に症状を悪化させる場合もあるという専門かもいます。そんな不安を払拭できるのがグルコサミンで、副作用がほとんど認められないグルコサミンは、ここで力を発揮できるのです。

関節の軟骨を形成するものと同じ成分なので、軟骨に異物を与えることにもならず、ましてや関節炎を悪化させることなどないのです。グルコサミンがあれば軟骨は生成過程で自然な形で刺激され、またコンドロイチンは古い軟骨が壊れるのを防いでくれます。関節炎に、グルコサミンとコンドロイチンがいかに効果的な働きをするかがおわかりいただけたでしょう。
posted by konchan at 11:33 | グルコサミン

グルコサミンの効果について

グルコサミンのもたらす効用とは、どんなものなのでしょうか。私たちは歳をとると関節が変形しやすくなります。関節に痛みを訴える人は、50代以上の人に圧倒的に多く、それが60代になると、8割を越す人がひざや腰などの関節に関する疾患を抱えるようになるといいます。

特によく聞くひざの痛みでは、階段を上ったり降りたりするときに辛いといいますが、これは変形性膝関節症と呼ばれる症状です。これが症状が進行すると、膝に水がたまってしまうこともあり、日常生活にも影響を及ぼすようになります。こんなときグルコサミンを摂ると、そんな関節の痛みを緩和することができます。

長い年月を経て使われ続けてきた関節は、歳をとるにつれその摩擦が激しくなり、間の軟骨をすり減らしてしまうようなことになって、変形関節症が起きてしまいます。グルコサミンは新しい軟骨の形成を促し、変形関節症の進行食い止めてくれ、それどころか改善にむかう場合もあるのです。グルコサミンは軟骨の主成分であるため、それが加えられることで軟骨が元に戻り、痛みのあった関節を修復してくれるというわけです。

グルコサミンは、飲みだして半月もたてば、たいていその効果を感じ始めるようです。といっても変形関節症は、その痛みを緩和していけたとしても、完全に治ってしまったわけではないのです。軟骨の再生には時間がかかるものなので、長期間グルコサミンを摂取することをおすすめします。
posted by konchan at 11:30 | グルコサミン

コンドロイチンzs錠とは

コンドロイチンzs錠とは、ゼリア新薬の滋養強壮剤のことです。

コンドロイチンZS錠は関節痛、腰痛をはじめ神経痛、五十肩などの疼痛性疾患や、音響外傷性難聴、疲労回復などに効果があるんだそうです。

【効能・効果】
関節痛、神経痛、腰痛、五十肩、神経性難聴、音響外傷性難聴、疲労回復
    
【用法・用量】
1回2錠、1日3回服用

【成分(1錠中)】
コンドロイチン硫酸ナトリウム…     260mg
添加物として、サッカリンNa、香料を含有する。
規格・価格(税込み)
   
80錠(PTP包装)・2678円
125錠・     3990円
200錠・     5880円
270錠・     7560円
430錠・     11,550円


以下、出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
【ゼリア新薬工業株式会社】
ゼリア新薬工業株式会社は医療用医薬品、一般用医薬品を製造、販売する日本の製薬会社。本社は東京都中央区。医療用では消化器系の治療薬に強みを持ち、一般用(otc)ではコンドロイチン製剤で名高い。社名のゼリアは創業の契機となったコンドロイチン製剤、ゼリア錠に因む。企業スローガンは、「健康づくりはしあわせづくり」

主な商品

一般用医薬品

    * コンドロイチンZS錠

関節痛、神経痛治療薬。コンドロイチン製剤のトップブランドで、同社の看板商品。 コンドロイチン硫酸ナトリウムを1,560mg配合

    * 新ヘパリーゼプラス

肝機能改善作用のある2成分を配合した滋養強壮薬 ドリンクタイプがパイン風味の新ヘパリーゼドリンク

    * ウィズワン

食物繊維を主成分とした便秘治療薬のトップブランド。

    * モデフール・ドルマイシン・ドルマイコーチ・プレバリン

外用剤

    * ヘルサンシリーズ(ローヤルゼリー配合ももの味もこの一種)
    * アポスティー

大人ニキビ治療薬、化粧水や洗顔フォームも発売

    * セピー

感冒薬 など

 医療用医薬品

    * プロマック
    * マーズレン
    * アシノン
など

健康食品

    * 潤甦
    * げんとう四健麗茶
など

化粧品

    * ZZ:CC ADエッセンス(高純度コンドロイチン配合夜間集中美容液)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
 
posted by konchan at 15:28 | コンドロイチン

コンドロイチンとは

コンドロイチンとは、ムコ多糖類と呼ばれる粘着性の物質の一種で、もともと私たちの骨や軟骨、角膜などにも存在しているんだそうです。

コンドロイチンは、血管から運ばれてくる栄養分や水分を貯え、それを細胞に供給して体内の老廃物を運び出し、新陳代謝を活発したり、細胞の1つ1つを互いに結び付け、からだの潤滑油となり、細胞の老化を防ぐ役割をしているんですね。

また、コンドロイチンはガンの作り出す新生血管の増殖を押さえ、ガン細胞の破壊に効果を発揮するともいわれています。
そのほか、鎮痛作用や肌荒れ、皮膚炎、心臓病、心筋梗塞、腎炎や肝機能改善といった効果もあるといわれています。

ただ、このコンドロイチンは、体内で生産されるものなんですが、年齢を重ねるにつれて、だんだんと生産されなくなってしまいます。

コンドロイチンが不足してくると、肌のみずみずしさや弾力性、関節と関節の間にある 「関節液」 などが不足し、関節の痛み、腰痛、骨粗鬆症などの原因になります。

そこで、不足したコンドロイチンを補うためのサプリメントが注目されているんですね。

コンドロイチンのサプリメントはサメの軟骨から作られたものが多いようです。

【ムコ多糖類とは】
ムコ多糖類とは、細胞と細胞をつないでいるゲル状の物質のことで、関節や眼球、動脈に多く含まれています。
保水性に優れ、関節の潤滑油の働きをし、血管(動脈)をしなやかに保ち、日々の健康維持に欠かせない成分です。
グルコサミン、ヒアルロン酸、コンドロイチン硫酸、ペクチンなどがこれにあたります。
魚の頭やヒレ、アンコウ、軟骨や豚足、貝類や海草類、長いものようなネバネバした食品や納豆の多く含まれており、サプリメントとして市販されているものは主に鮫の軟骨から抽出されたものがほとんどです。

posted by konchan at 02:32 | コンドロイチン
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。